METHOD Logo large

で金属部品を3Dプリント

METHOD Logo large

で金属部品を3Dプリント

METHODプラットフォームによる金属3Dプリンティング

Method X 3D Printer for metal

MAKERBOT METHOD

産業用3Dプリンティング、デスクトッププリンタのアクセス性

デスクトップ3Dプリンタで利用可能な先進的な機能を活用して、金属、ポリマー、複合材料をすべて1台のプリンタで造形できます。

LABS Gen2 Experimental Extruder for METHOD

LABS GEN 2

実験用エクストルーダー

LABS Gen 2 Experimental Extruderを使用すると、硬化鋼コンポーネントにより、研磨性に優れたサードパーティ製の複合材料や金属を長尺で造形できます。

BASF 3D Printing fillament for METHOD

材料

BASF Ultrafuse 316L、ステンレス鋼

BASF Ultrafuse 316Lステンレス鋼部品は、最終製品部品や製造工具に必要とされる比類のない強度、剛性、耐久性を兼ね備えています。

Metal 3D Printing on the METHOD Platform

Method X 3D Printer for metal

Makerbot METHOD

産業用3Dプリンティング、デスクトッププリンタのアクセス性

デスクトップ3Dプリンタで利用可能な先進的な機能を活用して、金属、ポリマー、複合材料をすべて1台のプリンタで造形できます。

BASF 3D Printing fillament for METHOD

材料

BASF Ultrafuse 316L、ステンレス鋼

BASF Ultrafuse 316Lステンレス鋼部品は、最終製品部品や製造工具に必要とされる比類のない強度、剛性、耐久性を兼ね備えています。

LABS Gen2 Experimental Extruder for METHOD

LABS GEN 2

実験用エクストルーダー

LABS Gen 2 Experimental Extruderを使用すると、硬化鋼コンポーネントにより、研磨性に優れたサードパーティ製の複合材料や金属を長尺で造形できます。

金属3Dプリンティングプロセス

造形する

LABS Gen 2 ExtruderとBASF Ultrafuse 316L材料を備えた個人用またはチーム共有のMETHOD 3Dプリンタを対象に、MakerBot CloudPrintを通じてどこからでも造形を開始できます。

Chamber Icon

60℃の循環式加熱造形チャンバー
最大限の部品密度を実現

グリーン部品を送信する

焼結前の「グリーン」部品が完成したら、MatterHackersなどの焼結サービスプロバイダーに送信します。そこで部品の脱バインダー処理が行われ、高温の純粋な水素雰囲気下で焼結されて、純粋な316Lステンレス鋼になります。

Temperature icon

1,380℃の焼結温度
550℃に耐えられる部品を生成

強固な金属部品を受け取る

最短5日で強固なスチール部品が届きます。一般的な3Dプリンティングサービス会社の最大2分の1の時間、5分の1のコストで済みます。必要に応じてそのまま部品を取り付けるか、MakerBotの複合材料やポリマーで造形した他の部品と組み合わせて、ダイナミックなアセンブリを実現します。

ROI Icon

最大で2分の1の時間、5分の1のコスト
主要な金属3Dプリンティングサービスとの比較

3D Printing processing tower - short

金属3Dプリンティングプロセス

Processing - Green part

造形する

LABS Gen 2 ExtruderとBASF Ultrafuse 316L材料を備えた個人用またはチーム共有のMETHOD 3Dプリンタを対象に、MakerBot CloudPrintを通じてどこからでも造形を開始できます。

60℃の循環式加熱造形チャンバー
最大限の部品密度を実現

Processing - Sintering

グリーン部品を送信する

焼結前の「グリーン」部品が完成したら、MatterHackersなどの焼結サービスプロバイダーに送信します。そこで部品の脱バインダー処理が行われ、高温の純粋な水素雰囲気下で焼結されて、純粋な316Lステンレス鋼になります。

1,380℃の焼結温度
550℃に耐えられる部品を生成

Processing - Finished part

強固な金属部品を受け取る

最短5日で強固なスチール部品が届きます。一般的な3Dプリンティングサービス会社の最大2分の1の時間、5分の1のコストで済みます。必要に応じてそのまま部品を取り付けるか、MakerBotの複合材料やポリマーで造形した他の部品と組み合わせて、ダイナミックなアセンブリを実現します。

最大で2分の1の時間、5分の1のコスト
主要な金属3Dプリンティングサービスとの比較

BASF-logo-grey 1

Ultrafuse® 316Lステンレス鋼

METHODで強固な金属部品を造形する

BASF Ultrafuse 316Lステンレス鋼部品は、最終製品部品や製造工具に必要とされる比類のない強度、剛性、耐久性を兼ね備えています。

550° C

最高温度

561 Mpa

引張強度

128 HV10

硬度

BASF-logo-grey 1

Ultrafuse® 316Lステンレス鋼

METHODで強固な金属部品を造形する

BASF Ultrafuse 316Lステンレス鋼部品は、最終製品部品や製造工具に必要とされる比類のない強度、剛性、耐久性を兼ね備えています。

550° C 561 Mpa 128 HV10
最高温度 引張強度 硬度
METHOD PLATFORM LOGO

金属、複合材料、ポリマーをすべて1台のプリンタで造形できます。

METHOD Carbon Fiber Edition
Method logo

60℃の加熱チャンバーにより、一部のMakerBotポリマーを、保証された寸法精度仕様で造形できます。

METHOD X Carbon Fiber Edition
MakerBot Method X logo

110℃の加熱チャンバーにより、全範囲のMakerBotポリマーおよび複合材料を、優れた精度と強度で造形できます。

METHOD X Carbon Fiber Edition
METHOD Carbon Fiber Logo - black transparent

110℃の加熱チャンバーにより、カーボンファイバーと全範囲のエンジニアリンググレードの複合材料およびポリマーを造形できます。

METHOD X Carbon Fiber Edition
Method logo

60℃の加熱チャンバーにより、カーボンファイバーと一部のポリマーを造形できます。

Method X logo

110℃の加熱チャンバーにより、カーボンファイバーと全範囲のエンジニアリンググレードの複合材料およびポリマーを造形できます。

METHOD Carbon Fiber Logo - black transparent

METHOD上で、金属部品を3Dプリントカーボンファイバーに置き換えます。カーボンファイバー強化ナイロンは、強度、剛性、耐熱性向けに最適化されています。

見積もりをリクエスト

<